こちらヴァイエルン観測所

モンハンとスカイリム大好き人間によるゲームブログです。旧平凡なモンスターハンターフロンティア観測所。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

―便利=危険―


 馬鹿発見器ことツイッターでまた大騒ぎが起きているみたいですね。看護学校に通う生徒がツイッターで患者の臓器を晒す・・・という倫理観が欠けているとしか言いようのない問題。朝日や産経のデジタル新聞もこの問題を取り上げ、生徒が通う学校がHP上で謝罪する事態に・・・。

 犯罪自慢などで炎上する騒動は見たことがありましたが、今回の件は本当にあり得ない、あってはならない。法律とか全然さっぱりなので、これが犯罪なのかは分かりません。でも個人的に思うのは、看護師になろうという人間がやることではないし、一般人としても人間性を疑ってしまうおぞましい行為。

 ・・・と、この騒動についてはここまで。


■倫理観の欠如とかそういう問題も置いておき、インターネット上でこういう浅はかな事をしてしまう人が増えてきたな、と思うこの頃。昔に比べてネットがものすごく身近になり、先の騒動でもスマートフォンで写真を撮ってツイッターにあげてしまったそうです。
 
 少し振り返ってみる。今は回線速度が100Mbps、それ以上が当たり前のようになっていますね。私がネットに始めて触れた頃からすると、自転車と飛行機ぐらいの差とでも言いましょうか。

 ISDNというネットサービスの時代です。中学生だった私はPCの知識がまったくなくて、接続設定に四苦八苦したり、定額料金制に申し込むのを忘れて2、3万円という請求がきて親に怒られたりと散々でした。回線速度も64kbpsぐらいだったと思いますが、間違ってたらごめんなさい。上述の100Mbps、最近登場し我が家もサービス変更した1Gbpsと比べると、桁が何個も違います。

 当時、私は戦車が大好きで(今も好きですが)、戦車の画像とかを見ようとしたら、画像ひとつを読み込むのに1~2分。動画とかならクソ画質で30秒程度を読み込むに30分ぐらいかかったものです。

 ちょっと話が脱線しました。

 何が言いたいのかというと現在に比べて非常に敷居が高かったということです。Windows98でオンラインに接続するにはそれなりの知識が必要でした。XPが出る頃にはADSLや光ネットなど高速定額サービスが当たり前になり、設定も非常にスムーズで楽にできるようなり、Windows7に至ってはほぼ自動で勝手にやってくれます。

 私が中学生の頃に携帯・・・いや、PHSだったかな。現在の端末に繋がるご先祖様が現れ、今ではスマートフォンやタブレット、携帯で簡単にネットに接続できる。すごい時代だ。


■技術の発達やサービスの向上で、ネット人口は爆発的に増加しています。まず昔はPCがないとネットはできず、必要がない人には無縁だったことでしょう。

 しかし人が集まると色んな事が起きるのは当たり前。言うまでもなくネット以外でもそうです。最近だとアニメのイベントで男が暴れたり。ああいうイベントは熱心なファンしか参加してこなかったのが、オープンになりつつあるのと同時に問題も増えているそうですね。

 ニコ動でやってるぶるらじが大好きな私は、声優のイマジンこと今井麻美さんが参加していたと聞いて、ものすごく心配になり、犯人の愚かさに絶句しました。

 また話が脱線してきたので修正。

■簡単な話、人が集まるとトラブルも増える。ネットもそうです。

 先に明確にしておきますが、犯罪自慢などを擁護する気はまったくありません。むしろ相応の処罰を受けるべき。犯罪行為なら警察のお世話になるとか、しかるべき対処を望んでいます。

 ただお祭り状態で個人を中傷したり個人情報を暴露、その周囲にまで迷惑をかけるようなことはやめた方がいいと思うのです。もっと冷静に、例えば犯罪自慢をしている人がいたら、警察などに通報して警察がしっかり取り締まればいいことです。

 我々は一般人であることを忘れてはいけません。個人情報を暴露したりする行為が続くと、それをやった人が逆に犯罪者になってしまいますし、そのうち風当たりも悪くなるのではないでしょうか。犯罪自慢を発見、通報する行為は正しいのに、エスカレートし過ぎて通報する側まで犯罪者になってしまったら本末転倒です。
 

■少し知識のある人間からすると、呆れてしまうようなネット上での失敗談。ツイッター、動画、仕事先のPCでいかがわしいサイトに接続してウイルスに感染したり。倫理的問題は先にも書いたとおり触れず、失敗談、炎上のもとになっているのは知識不足だと私は思うのです。

 じゃあどうするのか、どうすればいいのか。その辺りが議論されない点にも私は疑問を感じています。先の騒動にしても炎上した後はいわゆるお祭り状態です。もっと建設的な意見や思考をした方がいいんじゃないかな・・・。

 例えば学校でPCの扱いを習うだけでなく、インターネットの正しい利用法、やってはならないことを子供の頃に学習するようにするとか、知識を学ぶ機会を設けるべきではないでしょうか。倫理と違って、知識は覚えればいいだけの話です。知識はあるないでリスクを回避できる力の差になります。

 ブログやツイッターなどは不特定多数の人が見ている。匿名性があると信じきっている人はそうでないことを知るべき・・・など、ネットでうまくやっていくのに必要な知識はたくさんあります。

 敷居が低くなるとリスクも下がる・・・と自分の中で解釈してしまう人がいるみたいですが、それは大きな間違いです。逆にリスクは上がる一方です。例えばネット通販なども今では当たり前でクレジットカードなども登録するようになっていますが、そのリスクは計り知れません。簡単に言えばリスクを売って便利さを買っているのです。

 利便性が増すと便利の値段も高くなります。相応のリスクを支払う必要が生じます。

 その辺りを考えない、または知識不足で手軽になったからと利用して失敗してしまう人が増えているようです。じゃあ、どうすればいいのか。答えは簡単。知識が足らないのなら、知識を得ればいいのです。

 考えても分からない、PCが苦手な人もいるかと思いますが、ネットの危険性やリスクについて分かりやすく解説しているサイトはあります。例えば文部科学省のサイトなどです。『ネット』『危険性』とググっただけでもかなり出てきます。

 極端に言ってしまえば、PCやネットはデジタル的に知識を保存できる場所です。知識の海を泳ぐ方法もまた知識というわけです。

 冒頭のように倫理観が足らない人にそれを教えるのは大変な苦労と労力が必要ですが、知識は学べばいいだけの話です。幸いなことにネットをうまく利用するために必要な知識はそれほど難しいものではありません。ですが、これがあるかないかで命運を分ける時が来るかもしれません。『かもしれません』が続きますが、リスクについて考えるとどうしてもそうなってしまいます。


■利便性が増すとリスクが倍増する。知識が集まる場には知識が必要。

 この2点をおさえるだけでネットの危険性を理解し、素晴らしい知識の海と利便性を兼ね備えているネットワークを利用できると私は考えています。

 コミュニケーションツールとして、かつてない利便性を誇るツイッターなども同じことです。

 手軽さからくる油断、知識不足が最大の敵です。人が作って人が利用するネットは、社会と同じで最大の敵は他人ではなく自分です。ちょっと過大な表現になってしまいましたが、すぐそこに存在するネットは現代社会を生きる人にとって必要不可欠なツールとなってきましたし、これからより密接になっていくと思います。

 今の内に学校などでネットについて学習する場を設けないと、10年・・・いや、もっと先の時代になっても今と同じ失敗をする人が続くのではないでしょうか。


 せっかく良いものなんだから、うまく利用しない手はないですよね。身近なネットについて私が思うことでした。ここまでお付き合い頂きありがとうございます。

 それでは、また( ´ ▽ ` )ノシノシ


| 日記・雑記 | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bayernmhf.blog29.fc2.com/tb.php/435-944b5c79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。