こちらヴァイエルン観測所

モンハンとスカイリム大好き人間によるゲームブログです。旧平凡なモンスターハンターフロンティア観測所。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

―オブリビオン:シロディール冒険―

 The Elder Scrolls IV:OBLIVION(以下:オブリビオン)を最近始めました。もはや説明不要。スカイリムの前作にしてオープンワールドRPGの傑作。私はスカイリムから逆流する形でのプレイ開始。実はパッケージ版をずっと前・・・いつだったか覚えていないんですが、とにかく買った記憶はあるのに見当たらない。その時は少しやってすぐにやめてしまったのです。

■というわけでsteamから2300円ぐらいで購入。スカイリムにハマってからずっと気になっていたんですが、てっきりwindows7では動作しないと勝手に思い込んでいました。勘違いの元となったのは、まったく同じ勘違いをしていた友人がPS3版のFallout 3をプレイして、※PC版Fallout 3はwindows7で動作しない!チクショー って話をしていて、そこからオブリビオンも出来ないんだろう・・・という勘違いに発展したわけでございます。両方とも馬鹿w

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ※4/8日追記
 PC版Fallout3ですが、windows7でも動作しました。友人の情報を疑ってgoogle先生などで調べみたら、普通に入れてもCTD祭りだが、対策でiniなどを弄れば大丈夫と。そしてsteamで1800円ぐらいで本体とDLCがセットになったパックを購入。日本語化とCTD対策で普通に遊べることを確認いたしました。友人はPCに詳しいようで、そうでもないので最初から疑うべきでした・・・。とにかく誤情報を書いてごめんなさい。m(_ _)m
 
 Fallout3はオブリが終わったら遊ぶつもりです。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 オブリビオンはタムリエル(大陸)の中心に位置するシロディールを舞台に、悪の組織『深遠の暁』が帝国の皇帝を暗殺。オブリビオンの世界へと通じるオブリビオンゲートを開いて、そこから襲来するデイドラとデイドラの王の1人メエルーンズ・デイゴンによるタムリエル侵攻を阻止するお話。

 ――はメインストーリーであって、世界の危機から目を背けて自由気ままに薬草とかを集めてまったりしても良いし、ギルドへ入会して立派な戦士や魔術師を目指したり、盗賊や暗殺者として血生臭い道を行くのもあり。プレイヤー次第で無限の遊び方ができるのは、オブリビオンとその続編のスカイリムの共通項。

■初見プレイということで、最初は出来るだけwikiも見ないようにし、真っ白な状態でスタートする予定だったのが、先にPS3版をクリアした友人が人間wikiと化す。ちなみに勘違いに気付いた友人もPC版オブリビオンをスタートしました。

 まずスカイリムと違って日本語PC版は販売されておらず、パッケージ版も英語です。最初に日本語化の作業が必要になりますが、MOD使用を前提にEXEをあれこれするスカイリムとスタートの手間に差はありません。

 やはりPC版オブリビオンと言えばMOD。スカイリムもあれだけ長期間プレイできた要因のひとつがそれだけに、オブリビオンもMOD入れて遊ぶ気満々なわけですが、とりあえず初周はUI改善とか便利系MODを少し入れるだけにして、種族・バランスMODとかは一切入れずにプレイすることにしました。

 恒例の脳筋キャラ・・・で、行こうと思っていたんですが、友人wikiが言うには戦闘がスカイリムと大分違うから、色々やってみた方がいいと言われたので、一番勇者キャラを作りやすいブレトンでスタート。キャラクターの方針としては魔法剣士!

 相変わらず捕まっているところから物語りはスタート。皇帝と運命の出会い、そして突然の別れ・・・というほど感動的ではないですが、ゲーム開始直後から盛り上がる展開はいいですね!スカイリムだとアルドゥイン登場もすごかった!

 なんだかんだで牢屋→隠し通路→下水道を脱出したんですが、道中で色々決めないといけない要素である星座?メジャースキル?ん???・・・スカイリムと全然違う。そこで友人wikiが起動。

友人『下手をすると積む状況もあり得るから慎重に選べ!』
私 『は、はい・・・』
友人『メジャースキルがあーたらこーたら』
私 (あー・・・ゲームに感情移入できないな~・・・)
友人『メジャーに運動とか入れるな!剣士やるなら剣撃いるでしょ!?あとは――』
私 『――うるさい!あっち行け!』

 てなコントをしてから沈黙した友人wikiですが、10分ぐらいしたら再起動したのでもうあきらめました・・・wですが、適当に何かしていれば強くなっていくスカイリムと比べて、レベルやステータスUP、スキルのシステムが複雑で最初はよく分からず。

 とりあえずメジャースキルに剣撃と軽装、防御。回復、破壊魔法などを入れてスタート。錬金術も入れたんですがやけにその時だけ友人が無口だと思ったら、錬金術はメジャースキルに入れないほうが良いそうで、わざと黙ってて下水道を脱出してから、ここぞとばかりに!m9(^Д^)プギャー

 こんにゃろう!オブリビオンに帰れ!と呪いつつ帝都をうろうろしていたら、本当に帰って行ったのでようやく気楽にプレイできるようにw

■スカイリムもオブリビオンも似ていると思ったら、ゲームのコンセプトは確かに同じようなものの、ゲームシステムにはかなり違いがあってどちらも面白い!まず戦闘難易度はオブリビオン>>>スカイリム。敵が防御を有効に活用し、こっちがひるんだらボコボコにされます。自分も防御が大事だと気付くまで大変でした。

 防御してから反撃を覚えたら、敵が怯んでいる隙に側面や背後へ回りこんで、隙あらば一発でも多く当てていくようにすると早く倒せるように。これで楽勝~♪などと思っていたら、防御を崩してくる敵が現れはじめ、さらに1対複数戦が増えてくると防御してもたこ殴りの刑。

 脳内職業は魔法剣士。なので回復魔法や破壊魔法、自己強化魔法も使えるので、これで勝てる!と思ったら、マジカがかつかつで終始回復魔法連打。友人wikiに相談してみたところ、レベルに比べてスキルが成長してないと言われ修行。両手剣を使っていたんですが、殴られると痛いので片手+盾に。装備はメジャーに軽装を入れたので軽装のまま。これが重装だと硬いんでしょうね~・・・。

 破壊魔法も扱う魔法剣士を目指して軽装を選んだんですが、破壊魔法に回せるマジカが足らないという・・・。オブリビオンでは装備の重量?によって、魔法の効果が落ちてしまうんです。例えば重装を着込むと本来の威力の8割~6割ぐらいまで下がってしまいます。軽装も重装もスキルレベルが高いランクに達すると、装備重量を感じなくなるのでどちらを選ぶか考えどころ。

 ・・・と、まあこのように色々と奥が深いです。@生産要素が錬金術ぐらいで、装備は店買いか追いはぎ&宝箱入手で、良い装備は店に並びません。なのでハクスラ的な要素もあり、個人的には生産を極めればもはやチート級だったスカイリムより、こっちの方がゲーム的に面白いです。


■スカイリムでもそうでしたが、オブリビオンでもまずはメインクエストを進めることに。『深遠の暁』によって皇帝とその息子達が暗殺され、オブリビオン世界からタムリエル侵攻を阻止するバリアのような役割りだった竜の火も消されてしまい、しかも竜の火を点けることができるのは皇帝の血脈のみ。王が死に息子も全滅・・・ではなくて、隠し子?が1人いる。

 皇帝が暗殺者に殺される直前に特別なアミュレットを授けられ、これを皇帝の血を受け継ぐ唯一の存在に渡す・・・というところからメインクエストがスタート。

 キャラクリ難しい・・・。スカイリムなら適当にやってもそれなりのが作れたのに、オブリビオンは本当に大変でした。結局優男になってしまった・・・。
 VAI0402 (1)

 マップの作りこみはもう半端じゃない。シロディールは温暖な地域っぽくて景色も最高。
 VAI0402 (2) VAI0402 (3)

 VAI0402 (9) VAI0402 (6)

 皇帝の親衛隊であるブレイズの協力で、皇帝が明かしたマーティンという名の人物を探す。通称マー君。

 しかし、スカイリムでは役立たずなうえに図々しいブレイズの生き残りのBBAと違って、オブリビオンのブレイズは皇帝への忠義と誇りを第一とする本物の戦士!精鋭集団!って雰囲気で格好良い!刀とか神殿のデザインが和風建築っぽいのには何か訳があるのでしょうか?

 オブリビオンゲートが!初オブリビオン!
 VAI0402 (4) VAI0402 (27)

 最初はオブリビオンの領域恐い・・・だったのですが、どのゲートも大体の構造が同じで山賊狩りほど利益もでない。さらに後半、オブリビオンゲート潰しで嫌でも訪れなくてはならぬ場所に・・・。最後の方はもう敵ガン無視で塔の天辺までダッシュしてました。

 スカイリムと違って、結構おつかいクエが多いです。スカイリム発売前にスタッフの方が、オブリビオンの反省点のひとつみたいな事を仰っていたような気がします。おつかいはおつかいでもスカイリムでは色々イベントが用意されていて、テンポも良くダイナミックですからね。オブリビオンは淡々と進む感じです。

 でも終盤に悪の親玉を追うにはわざと敵に巨大なオブリビオンゲートを開かせる必要があって、都市の守りを硬め(そのためにオブリビオンゲート巡りをするわけですが・・・)、マー君を守りつつ次々と現れるドレモラを倒し、巨大オブリビオンゲートが開くと内部へ突入。

 攻城兵器が展開し終わる前にゲートを潰し、そこで手に入れたアイテムを使って敵の本城へ殴りこむという展開。これはかなり盛り上がりました!
 VAI0402 (12) VAI0402 (13)
 
 左:なんとなくアフロに見える不思議・・・w 右:決戦の後。クヴァチを襲った攻城兵器と同じ?デカイ
 VAI0402 (8) VAI0402 (14)

 敵の親玉マンカー・キャモランがいるという楽園の領域へ。楽園というだけに綺麗な景色。その一方でここに来た魂は狩りで殺され、殺されても復活。また殺されるを繰り返すらしい。
 VAI0402 (15) VAI0402 (16)

 ついに追い詰めたマンカー・キャモラン。丸腰だがこういう奴に限って強い!と思ったら本当に強い!・・・が、しかし一目散に逃げた先が壁というオチ。壁ハメで討ち取ったり!
 VAI0402 (17) VAI0402 (18)

 マンカー・キャモランは討ち取ったものの、今度は帝都が襲撃され、しかも全ての元凶メエルーンズ・デイゴン現る!
 VAI0402 (19) VAI0402 (20)

 マー君とお別れ。アカトシュを召喚。メエルーンズ・デイゴンを倒し全てのオブリビオンゲートがタムリエルから消え去る!考えてみたらここで竜の血脈は一時途絶えるわけです。次代のドラゴンボーンはスカイリム主人公の登場を待つことになるのでしょうか。
 VAI0402 (21) VAI0402 (22)

 TESシリーズの世界観によると、デイドラに死の概念はないそうなので、メエルーンズ・デイゴンは倒されはしたものの結局オブリビオンの次元に帰ったのでしょう。それでもオブリビオンゲートがタムリエルから一掃されたことで『オブリビオンの動乱』はこれにて終幕。

  VAI0402 (23)

 この動乱がきっかけで帝国は衰退しサルモールが台頭。200年後のスカイリムでは帝国はサルモールに降伏しているというわけですね。TESシリーズの世界観や歴史は相当奥が深いらしく、ネットで読み漁ってみようと思っているところです。



■スカイリムもオブリビオンも冒険に終わりはないのですが、いつものようにこのキャラクターの冒険はここでお終いです。新しいキャラクターを作って育てるのが面白いし、出来上がったキャラクターだと飽きてしまいますからね。

 最終的にこんなキャラクターになりました。肉壁用に召喚も取り入れたため、結局破壊魔法はほとんど使わず。反射指輪33と反射盾9でガードスパイク状態で回復魔法連打。雷のデイドラ剣とアズラの星で無限エンチャ剣で戦う、私が最初に考えていた感じとは違うキャラクターになってしまいましたw
 VAI0402 (26) VAI0402 (25)

 しかし碧水晶装備はダサい・・・wでもミスリルとか鋼鉄装備はすごい格好良かった。軽装はミスリルまでは格好良いのに、エルフ、碧水晶が・・・。重装は鉄装備以外どれも格好良い!重装キャラも作ってみたいですが、次は魔法キャラを作る予定でいます。ついでに女子にする予定。

 それでは、再びシロディールへ旅立ってきます。( ´ ▽ ` )ノシノシ


| オブリビオン | 00:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bayernmhf.blog29.fc2.com/tb.php/424-0bda8d6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。