こちらヴァイエルン観測所

モンハンとスカイリム大好き人間によるゲームブログです。旧平凡なモンスターハンターフロンティア観測所。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

―Borderlands2:Banditワールド―


 10月25日発売のボーダーランズ2(Borderlands2)を買ってから、完全にハマッって抜け出せないでいます。すぐに記事にしようと思ったのですがハマり過ぎて遅れました。

■ボーダーランズがどんなゲームか簡単に説明いたしますと、調度3年前の2009年に発売されたRPG要素の強いFPSで、カートゥーン調のグラフィック、無数のパターンが存在するアイテム収集要素、最大4人までのco-opプレイ・・・などのシステムが高く評価された洋ゲーです。

 FPSはPCでしかやらない私にとって、残念なことに完全日本語化されたPC版はなく、有志の方々の日本語化パッチをいれて遊ばせて頂きました。

 ボーダーランズの特徴的なシステムは第一作であるにも関わらずどれも高水準の域にありますが、何と言ってもアイテム収集に関してはランダム生成される装備の中から、自分好みの最強装備を探して赤箱(宝箱的なもの)を巡り、見つけた時と実際に撃って期待通りだった時の快感(逆も然りw)は、一度ハマッてしまうと抜け出せない最大の魅力!

 不出来な部分もあり、UIが使い辛い、FPSにしては敵AIがアホの子過ぎる、ストーリーが微妙・・・など、まだまだだな~と思う部分もありました。

 しかし、それ以上にゲームとして面白い要素が詰まっていたので、私の中では良ゲーと記憶されていて、こういうゲームは2作目でバケることが多いので、続編を待っていたのですがなかなか出ない!そして、あれから3年待ってようやくリリースされたボーダーランズ2。

 先に言いますが神ゲーです!


■最新ゲームにおいて特別語るべきことではなくなってきましたが、グラフィックは前作通りカートゥーン調のモデリングながら確実に進歩。動作も安定していて景色も良好。

 ボーダーランズと言えばセンスの高いブラックユーモア。アメコミ風(?)な世界観とキャラクター、奇怪な台詞と行動パターンが魅力的なBandit達は前作の雰囲気を受け継いでいて、FPSで笑いをとるゲームはなかなか見当たらないと思います。

 そういえばPC版は音声を英語・日本語に切り替えられるのですが(CS版は未確認)、日本語音声でプレイしています。日本語訳、声の演出には何の問題もありません。むしろ良い出来栄え。当然、戦闘中は忙しいので音声は日本語の方が遊びやすいです。

 グロテスクな表現があるので苦手な人は注意・・・なのですが、オプションでグロ表現をカットできるので安心設計?
 v (3) v (20)


 ボスやキャラクターの登場シーンもハイセンスでイカして・・・イカれてますw前作からお馴染み武器屋の親父。
 v (10) v (17)

 
 前作で不評だったAIの挙動も普通のFPSとして成り立っていて、他の戦争ゲームではあり得ないボーダーランズの世界観だからこそできる敵NPCの挙動も注目するべきところ。おそらく最も多く遭遇するBandit達は、手榴弾を片手に突っ込んできて自爆、チビBanditを盾にくくり付けて突進、頭を吹き飛ばすとぶちきれて敵味方見境なく攻撃する・・・など人型の敵であるにも関わらず、普通のFPS的な銃撃戦以外の攻撃パターンが豊富です。

 ボーダーランズの舞台である惑星パンドラには、数多くのモンスターも生息していて、それぞれに固有の攻撃と行動パターンがありますが、今作ではBanditに比べて遭遇率が減っている気がします。

 次にストーリーですが、進行はメインストーリーを進めつつサブクエストをこなして、経験値や装備などの報酬を得て、レベルアップで得られるポイントでスキルツリーからスキルを取得してキャラクターを強化していく・・・というRPGそのもの。

 みんな大好きClaptrap。前作はいっぱいいたのに、今作ではコイツが最後の生き残り?
 v (1) v (4)

 ストーリー面も最初からプレイヤーの目的が明確で、癖の強いキャラクターしかいない世界で繰り広げられる物語は、下手に凝らずボーダーランズのぶっ飛んだ雰囲気をしっかり活かせていて、尚且つ先が気になる展開がテンポ良く連続しているので、良い意味で止めどころが分からない良さと味が出ています。

 プレイヤーキャラは4人(DLCを含めると5人)。それぞれのクラスと性別、基本的な外見は固定ですが、ゲーム中にスキンや髪型などを変えることが可能です。クラスごとにスキルツリーがあって、満遍なくあげるよりも各スキルツリーから、自分のプレイスタイルにあったものを強化していくのが定石?

 私が選んだアクストンは前作でいうところのローランド。セントリーガンが命!敵集団を掃射するもよし、囮にするもよし。ローランドのスコーピオタレットのが万能でしたが、アクストンのサーベルタレットはやや劣化?その分クールダウンが短く、ほいほい展開することが可能。

 タレット強化ツリーを取れば機銃とロケット弾で敵を薙ぎ払えます。当然GUERRILLAツリーを進めてDouble Upを取りました。盾持ちBanditやロボットが来ても、余裕で返り討ちにしてしまう火力を発揮しますが、タレットがなければただのおっさんになってしまいましたw
 v (9) v (14)


■で、ボーダーランズと言えば上記の通りアイテム収集!武器はピストルからアサルトライフル、ロケットランチャーからグレネード。装備もシールドやクラスMODなど。

 攻撃こそ最大の防御というだけに必死に武器を集め、自分好みのものを探っていくことになります。私は前作でアサルトライフルが好きで、今作でもアサルトライフルを使っていこう!っと思っていたのですが、完全にサブマシンガンに食われていたので、すぐにサブマシンガンに浮気しましたw

 酸属性付きのサブマシンガンを求めて赤箱を探していたら、おのずとMaliwan社のサブマシンガンをよく手にしています。酸は強烈な状態異常ダメージで分厚い装甲の敵にも効きますし、何より溶かすのが好きw中盤までは酸一色で敵を溶かせていたのですが、終盤になると火力不足になってきて、敵に合わせて武器の属性を変えるようにしています。

 次に使用頻度が高いのはスナイパーライフル。クリティカルダメージの倍率が段違いなので、ヘッドショットを決めればほとんどのBanditが即死。頭を吹っ飛ばすとイカれる敵や、盾でがっちりガードしているタイプ、奇怪な動きでヘッドショットが決めづらい敵もいますが、一撃必殺で決めていく快感はFPS共通。

 v (19)

■前作では未体験だったco-opプレイも、友人にボーダーランズ2を触らせてみたらすぐに買ってしまい、私はレベル20ぐらいまで進んでいたのですが、1からやり直して友人と進めることに。co-opプレイだと敵の数も増えて、2人で出来る作戦もあったりなんかして、ソロでやるよりもずっと面白いので、再スタートも全然苦痛になりませんでした。

 友人はアサシンのZeroを選択。狙撃ツリーを進めてバンバン、ヘッドショットを決めてます。私はというと敵をおびき出すための人間デコイですw見つけた敵も攻撃しようとしたら友人が倒してしまうので、デコイになりつつ敵集団が出てきたらタレットに薙ぎ払ってもらう・・・そんな役立たずなおっさんですw

 挙句の果てにタレットのロケット弾の爆発が狙撃の邪魔だと言われる始末・・・w他に何をしろとwただしシールド強化や自動体力回復のスキル・装備があるので、友人に比べて生存率は高めです。倒れても制限時間内に敵を殺せばその場で復活できるので、タレットを展開中だと高確率でタレットが敵を殺して復活できます。

 友人が倒れても救助することができます。その際も囮兼攻撃役としてタレットを展開。どこまでもタレットに依存w

 でもソロに比べて敵の数が多いので、友人の狙撃だけではさばけない場面も多く、そこは共闘して敵を返り討ちにしていく面白さと手応えがあります。

 もちろんco-opプレイでいけば攻略はぐっと楽になるのですが、敵の数が増える分簡単過ぎず、おまけに良いアイテムが出やすいという恩恵まであるので、協力プレイが好きな人は是非、身内かオンラインでプレイしてみることをオススメします。


■現在、レベル32でおそらく最終ミッションに入ったところです。前作のキャラクター達が出てきて、あー・・・になっているところですが、ストーリーも煮えきりつつアイテム収集はさらに盛り上がっているところ。全然、飽きがこない!周回要素もあるそうなので、なかなか終わりが見えません。

 v (26)


 というわけで、前作から完全に生まれ変わり、期待以上の出来栄えなボーダーランズ2。PC版はパッケージとsteam、PS3版とXBOX360版まで出ているので、興味がある方は是非遊んでみてください。特にFPS好きでアイテム収集、ハクスラと聞いてセンサーがビンビン反応する人には超オススメです。

 それでは。ノシノシ
 


 ちなみにCEROはZ指定(18歳以上のみ対象)なので気を付けてね!
  

 
 おまけ!?
 v (25)


| ゲーム雑談部屋 | 01:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bayernmhf.blog29.fc2.com/tb.php/409-d95b0f89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。