こちらヴァイエルン観測所

モンハンとスカイリム大好き人間によるゲームブログです。旧平凡なモンスターハンターフロンティア観測所。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

―アーシャのアトリエ:一周目END―

 ぬるぬると進めていたアーシャのアトリエですが、無事にエンディングに辿りつけました。いや、無事かどうかはまだ分かりませんが・・・。

■というわけで、以下激ネタバレ含みます。ご注意を。■


 
 まず、前の記事でマルチエンディングかな~・・・っとかボヤいてましたが、発売前情報で思いっきりマルチエンディングについて言明されていました。最近、楽しみなゲームほどできるだけ情報を見ないようにして、発売日まで楽しみに待っているのです・・・という言い訳を先に書かせていただきます・・・w


■で、肝心のEDですがアーシャとニオは2人でアトリエを切り盛りして、地元?ではなくてはならないアトリエとして繁盛しました・・・って感じのでした。一応バッドエンドではないのかな?ノーマルエンド?キャラクターエンドでない時点でバッドエンドとかだったら、今回も初周はバッドエンドということになります・・・w

 2人とも日常を取り戻せて幸せそうな雰囲気だったので、悔いが残るような終わり方でなくて一安心。
 
 本音を言えばリンカEDを見たくて3年目になる前にニオを助けてから、ずっとリンカのイベントを追っていたのですが、どういうわけか目標の★リンカさんのお手伝い★がまったく進行せず3年終了で期限切れ。3年目後半はこりゃ無理だ!ってわけで2周目に向けて装備作りに専念しました。

 他のゲームもそうですが、初周はネットの攻略情報などを見ずに完全初見でプレイしています。ただ、もう終わりそうだったので2周目に引き継げる要素だけは調べました。前作同様、装備とお金を引き継げるとのことだったので、現状で出来うる限りの装備を作ってから最終日に素材全売り。

 まだ不確かですが、ネットで検索してみたところリンカEDを見るためのイベント進行には、ユーリスのイベントを進めないといけない?

 3年目後半まで一度もPTに誘ったことなかったよ・・・。道理でリンカが強敵を探しているイベントが進行しないわけです。なんでもユーリスのドラゴンと戦うイベントを見ないといけないとか(?)まだ情報を集めている最中なので信用しないで下さい。

 うん、微妙。2周目ではもっと強力な装備を作ってやる!!よく見たら防具の方は未完成の状態でした。高速使用とかでなくて確か状態異常耐性20だったような・・・。
 VAI20120701 (1) VAI20120701 (2)


 
■とりあえず一周目を終えた時点での感想です。

 まずストーリー面などから。従来のアトリエと違う方向性・・・というのは個人的に難なく受け入れることが出来ました。前の記事でも書きましたが、定番のアトリエ爆発や『た~る!』もないし、地味過ぎやしないか・・・と思いながらプレイを続けていたのですが、いつの間にか新しい物語と世界観にひきこまれていた自分に気付き、初周を終えて思うのはジワジワとくるタイプだなと。
 
 初っ端から明るく錬金術だ!!っていう高いテンションは無く、この世界の錬金術とは何か、アーシャの冒険にそって丁寧に紐解かれていく様は、個人的に見て前作と比べて最大の違いかなと思います。

 ニオを助け出す事と、黄昏の大地・・・その原因は過去の文明の錬金術によるものと、集約されていくストーリーも分かりやすくまとまっている良いお話。キースグリフの口からでも良いので、もう少し過去に何があったのか、ニオを連れ去った存在の詳しい話を聞いてみたかったのですが、まだ見ぬエンディングに謎が隠されているのかな?・・・ないなら、続編を希望!

 女子率高めで大地が黄昏ていようがいまいが、みんな平和でのどかに暮らしている雰囲気は前作同様、アトリエシリーズの良い雰囲気を継承しています。むしろ黄昏ているのはどこぞのおじ様だけのような気も・・・wそれは真実を深く理解しているからかもしれませんが。この大地がどうなっていくのか、とても気になるので再び続編希望!


■ゲームシステムについて、まず語らねばならないのは錬金術でしょう。より感覚的に素材を組み合わせて特性をつけられる・・・という前情報だけは聞いていたのですが、これがさっぱり分からなくて、後半になってようやく理解できました。これは単純に私が馬鹿だからです。

 いったいどこらへんが分かりやすくなっているんだ!?前作の方が分かりやすいぞ!って1人でアタフタしていたんですが、しっかりと画面を見ればいたるところにヒントや情報があるではありませんか・・・。それに気付いて、ようやくアーシャのアトリエが始まったのはニオを助ける前後でした・・・。どんなけ馬鹿なんだw

 調合スキルみたいなのも分かってくると面白くて、確かに直感的に特性を狙っていける。一度理解してしまえばパッと広がる新しい錬金術のシステム。シリーズ未経験の方でもすんなり入っていけるのではないでしょうか。さらにやり込み要素としても重要な部分でもあるだけに、素材の特性や潜在能力、コストを見ながら理想のアイテムを作り出す楽しさも健在。

 
■戦闘システムですが、今作からキャラクターに位置の概念が追加され、バックアタックが非常に強力なものになっています。当然、真正面から攻撃するよりも背後から攻撃した方が有効な打撃となるので、積極的にバックアタックを決めていくことが勝利への近道。

 ・・・なのですが、個人的に戦闘面のバランスはイマイチでした。範囲攻撃アイテムとスキルで前と後からボコボコにしてやれば簡単に片付いてしまうので、戦闘が作業になるのが早かったです。上記の通り私がパッパラパーで攻撃アイテムの特性とかがガッカリでも、簡単に敵を薙ぎ払えます。

 しっかり特性をつけた攻撃アイテムと回復アイテムを揃えてしまえば向かうところ敵なし。前作も同様でしたが、アーシャではそこに行き着くまでが簡単過ぎて、せっかく強力な装備やアイテムを作っても試す相手が少なくて達成感に欠けると言いますか・・・。@色違いの敵が多くてバリエーションに欠けると感じました。

 戦闘面は前作の方が個人的にハマりました。 

 赤気の力が鬼。このあと全装備に赤気の力を付けたら・・・。
 VAI20120701 (4)


■アトリエシリーズの音楽はとても好きで、トトリのBGMは今も流しながら寝ています。子守唄状態です。

 アーシャのアトリエでも北欧っぽいと言いますか、民謡っぽいと言いますか、個人的にグッとくるBGMが多くてOSTを買おうか迷っているところです。クリア後に出てくるエクストラでBGMを聞けるところでBGMを流しながらこの記事を書いています。トトリでもそうでしたが、テーマ曲をボスBGMにされるのに私はとても弱く、アーシャでも『MARIA』という曲がもう・・・!

 ちょっとOSTを買いに・・・アッー!amazonで在庫切れじゃないですか!オギャー

 余談ですが前作同様、エクストラのおまけボイスで声優さんのメッセージを聞くことが出来ます。キースグリフ役の中田譲治さんのひそかなファンである私にとって楽しみのひとつでした。そして他の方々とは違う一風変わった面白いメッセージなので、是非クリアした方は聞いて確かめてみてください・・・wさすが譲治さんのノリw

 VAI20120701 (3)


■長々と書きましたが、作が続くごとにUIも使いやすくソートも楽でストレスは大幅に軽減され、目立たない部分でも確実に進化しているアーシャのアトリエ。総じて良作という言葉が当てはまるゲームだと思います。雰囲気が変わって、前作の明るさが好きという方からは残念と思われるかもしれませんが、キャッキャし過ぎていた前作に比べアーシャのが良いという友人もいます。その友人は未プレイですけどね・・・。

 明日から2周目を始める気満々でいます。2周目はまた違った面白みがあるやもしれません。果たしてリンカEDに到達できるのか!

 それでは、本日はこのあたりで。ノシノシ



| ゲーム雑談部屋 | 01:36 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bayernmhf.blog29.fc2.com/tb.php/394-f35d0be7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。